GNS4.0配布ページ

GNS 4.0の配布と議論が行われました。

現在は過去のバージョンとなっています。[GNSトップページ]より、最新版のページをどうぞ。

オンラインヘルプ

ダウンロード

現在は過去のバージョンとなっています。[GNSトップページ]より、最新版のページをどうぞ。

  • トラックバックのexcerpt文字列に参照文字が含まれないようにした。
    (libgns.pl)
  • tb/tbfilter.txt, tb/cmfilter.txt の識別子"agent"についての解説を追加。
    (help/04500_tbcm.html)
  • トラックバック/コメント一覧の再作成をブラウザから行うためのインターフェースを作成した。TB/CMデータベース編集機能は作成予定につきしばらくお待ちを。
    (rebtb.html, rebtb.cgi, ヘルプ)
  • トラックバックビュー表示で、トラックバックのない日に「日付区切り」だけが出力されないようにした。
    (libgns.pl)
  • 誤った形式のトラックバックを受け付けてしまう(レンダリングはされない)バグを修正。
    (tb/tb.cgi, tb/cm.cgi)

バージョンアップ

GNS4.0以降をバージョンアップするには、以下の手順をとります。

  1. まず、インストーラを使用してインストールします。
  2. バージョン番号が上がっていない場合は、これだけで終了です。
  3. バージョン番号が上がっている場合は、前のバージョンのGNSプログラムフォルダから config.ph, config2.ph の2つを新しいフォルダにマージしてください。
    1. 実際は、ほとんどのケースにおいてマージでなくコピーでも構いません。
    2. バージョンアップ後も、古いバージョンのGNSプログラムフォルダ内のプログラムを使用することができます。
    3. 不要であれば、古いバージョンのGNSプログラムフォルダはいつでも削除できます。
  4. トラックバック/コメント機能を使用している場合は、トラックバック/コメントフォルダ内にあるtb.phを開き、"$TB_MKTBVIEW_PATH"で定義している「GNSプログラムフォルダへのpath」を新しいバージョンのフォルダに書き換えてください。

参考

使用許諾

GNSは、以上の項目を遵守する限り、使用・再配布・改造を認めています。

  • 各ソースファイルに含まれる著作権表記を削除しないこと。
  • 以下の表記が日記ページに任意のブラウザで可読な形式で表示されること。

GNSを使用することにより発生したすべてのトラブルにおいて、作者であるGORRYは責任を負いません。とくに、HTTPサーバ上に設置しての使用は、バグや予想外の事態によりサーバやネットワークシステムに大きなダメージを与える可能性があります。使用者の責任において、厳重な監視のもとでご使用ください。

連絡先

GNSの最新版ダウンロードは、以下で行っています。

当方への連絡は、E-mailで以下へお送りください。

コメント・バグレポート

  • from ebanw : $MAILFROMの記述で複数メールアドレスを","で区切って書いたときに、正しく解釈されない -- GORRY 2006-01-19 11:21:28 (木)

#x-comment

プログラムコードの貼り付けが必要な場合などは、[GNS簡易掲示板]をご利用ください。

過去のファイル

counter: today=1, yesterday=0, total=13268

トップ   変更 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-24 (木) 02:08:14 (1525d)