GNS4tipsページ

GNS4系について、まだマニュアルに書いていなかったり、周辺知識として持っておくとよいものについて記述します。

[<< GNSトップページへ戻る]

suexec環境でのインストール

GNSのインストーラは、CGI設置ディレクトリのパーミッションを777に設定します。suexec環境ではこれらのCGIは動作しないため、ディレクトリのパーミッションを755・701などに変更する必要があります。

SSIを使用可能にする

GNSの出力には、「トラックバック/コメント数の表示」や「最近のTB/CMの一覧表示」など、SSIの動作を要求するものがあります。比較的最近のapacheサーバで*.htmlファイルに対してSSIを使用可能にするには、.htaccessに以下のように記述します。

AddOutputFilter INCLUDES .html
Options +Includes

apacheのバージョンが古い場合は、AddOutputFilter?の代わりにAddHandler?などを使う必要があります。詳細は、Apacheモジュール mod_includeなどを参照してください。

以上の設定をすると、ダイジェストページのHTTPヘッダにLast-modified情報が出力されなくなります。Last-modified情報を残すときは、同じく.htaccessに以下を追加したうえで、ダイジェストページhtmlファイルのグループ実行ビットを1に(chmod +gx)します。

XBitHack full

トラックバック/コメント数を表示する

GNSフォルダのconfig.ph内「$VIEWTRACKBACKCOUNTCGI」を1にします。

最近のコメント/トラックバックを表示する

ヘッダやメモなどのテンプレート内に、以下の1行を挿入します。

<!--#include file="tbcmlatest.html" -->

トラックバック/コメントフィルタの例

トラックバックフィルタ

# "<a 〜 href"などが含まれるものを拒否
excerpt: <a.*href
# 日本語が含まれていないものを拒否
excerpt: ^[\x00-\x7f]*$

コメントフィルタ

# "<a 〜 href"などが含まれるものを拒否
comment: <a.*href
# 日本語が含まれていないものを拒否
comment: ^[\x00-\x7f]*$

コメント


[<< GNSトップページへ戻る]

counter: today=1, yesterday=0, total=5353

トップ   変更 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-31 (火) 20:02:26 (3982d)