地上デジタル/BSデジタル/CS110放映TVアニメーションフォーマット一覧 2009年10月期

[<< 戻る] [2009年7月期]

現在は未確定。代わりに現在の観測情報を逐次記録する。


業務連絡:コメントは下のほうのフォームにお願いします。

注意

サンプリング対象

2009/07/01〜8月頃において、神奈川県で受信可能な地上デジタル(tvk・TOKYO MX含む)/BSデジタル/CS110放送における連続TVアニメーション番組が対象。ただし複数局で受信可能な番組は「より上級のフォーマットの局」をメインとして掲載する。

原則として本放送のみを対象とし、再放送は対象外。ただし、「本放送時とフォーマットまたは放送波が異なる場合」は再放送でも掲載することがある。

解像度

目視、およびfftspectrumにて判定。

本編とそれ以外の部分の解像度が異なる場合、本編の解像度を優先する。

HD解像度メディアでの発売予定がある作品がSD解像度で放映されている場合、「HDメディアでの発売予定」を補足情報として記載する。

SD480i
SD zoom480iソースをレターボックスにコンバート後、そのレターボックス部分を16:9に拡大したもの
実質解像度は縦240〜360本程度となる
SD up480iを1080iに拡大したもの
実質解像度は縦480本程度となる
SD zoom up480iソースをレターボックスにコンバート後、そのレターボックス部分を1080i/16:9に拡大したもの
実質解像度は縦240〜360本程度となる
SD field up480iをI/P変換せずにフィールド単位で拡大したもの
実質解像度は縦240本程度だが、フィールド単位で縮小すれば縦480本程度となる
[参照]
SD(HalfHD) upHDソースを縦400本未満にコンバート後、スキャンコンバータで1080iにしたもの
実質解像度は縦240〜360本程度となる
[参照]
HV1080i、または720i/480p〜1080p相当をスキャンコンバータで1080iにしたもの

画角

"4:3"は「4:3映像の左右に黒枠を付けて16:9化したもの(ピラーボックス)」を含む。

"4:3LB"は「16:9映像の上下に黒枠を付けて4:3化したもの(レターボックス)」のこと。

画角識別信号が付いているものは、補足に記述。

詳細はデータの見方を参照。

ソース

目視により「ドット妨害」または「クロスカラー」が認められるものを"コンポジット"、そうでないものを"コンポーネント"と分類している。

高精度の三次元Y/C分離機を用いている場合、コンポジットソースでもドット妨害・クロスカラーが認められないことがある。このような映像については"コンポーネント"に分類している。

「ドット妨害」「クロスカラー」についての詳細はコンポジット由来のノイズを参照。

Excelファイル

上の表と同一のデータをExcel形式で提供している。

また、上記データをCSVにて保存後、以下のawkスクリプトを通すことで本wiki上のフォーマットに変換することができる。

コメント


関連リンク・被リンク

[<< 戻る] [2009年7月期]

counter: today=2, yesterday=0, total=14135

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS