Navigation Log - なびろぐ -
2008/12/18

...X680x0 spirit inside...

この日記はGNSで生成しています。
この日記の画像はOPTPiX webDesigner Ver.4で生成しています。

hauN
Go amazon.co.jp

■ご注文リストから■ [一覧]
■Amazonギフト券■ [購入]
Splatoon2 (スプラトゥーン2)|オンラインコード版 []
Splatoon2 ...
Amazonほしい物リスト


2008/12/18 (木) 晴時々曇

SSD on VAIO VGN-U50 (PC)

_ 昨日の仕込みの成果。頂き物のVAIO VGN-U50にSSDを仕込んでみた。なんかインプレスの「パラレルIDE-SSDで旧式ノートPCはどれだけアップグレードできるか?」とシンクロしてしまったが、偶然である。

_ まずリカバリディスク作成。最初のHDDに入っていたリカバリパーティションから難なく作成。今回はデータには全く未練がないので旧HDDはここでおさらば・・・非常に楽。

_ そしておもむろに開腹。裏のネジ十数本を外して、カバーはサイドのツメを外すようにテンションを少しかけると外れる。あとはフレキ4本を外すとようやくHDDがお目見え。

_ 換装前HDDは1.8インチIDEのTOSHIBA MK2004GAL。これを外して、SAMSUNG MCAQE16G8APR-0XAを代わりにスロットに挿入・・・しようと思ったら入らない。このSSD、なぜかでっかいカバーがついていてこれが邪魔・・・なのでとっぱらう。ネジを外すだけで済むかと思ったら、それがさらにツメ噛み込みで固定されて、さらに粘着テープでとめてあった。精密マイナスドライバー2本でこじるようにして無事取り去る。

_ あとは逆の手順で基板をはめ込んでフレキを接続、カバーを戻してネジ止めして無事元通り。DVDドライブから最初に使ったリカバリディスクで起動して再インストール。さすがSLCだけあって書き込みはちっとも遅くない・・・つーかむしろ速い。

_ リカバリで入ったのはXP Home。やはりProじゃないと嫌なので、XP Proのインストールディスクでアップグレード。初めてやったが本当にできるんだな・・・(笑)。

_ あとはひたすらシステムをアップデートしまくって、ようやく終了。16GBしかないSSDだが、XP Pro SP3+VAIOフルシステムインストール、ここまでに必要だったswapとメインメモリ256MBのハイバネ分を含めて6GB程度を消費したにとどまったので、まあ使い道を絞れば問題はなさげ。

20081218 SSD on VAIO VGN-U50
SSDベンチ計測結果
SSDベンチ計測結果

_ CrystalDiskMarkでベンチをとる。読み込みは今のメインノートの2.5インチSATA HDDより高速・・・さすがにSLCといっても書き込みはやはりHDDには敵わないが。てかメモリ256MBしかなくてガンガンとswapしているはずだが、それにパフォーマンスを食われている気が全くしないといっていいほど快適。しかし、HDDがなくなっても・・・というかなくなったからこそというか・・・ファンの音と振動がわりと気になる。こればかりはいかんともしがたいか。

_ 最後にベンチ結果のテキストコピーを。あーしまった・・・交換前のHDDのベンチをとっておくんだったな・・・。


--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
      Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

   Sequential Read :   54.606 MB/s
  Sequential Write :   20.917 MB/s
 Random Read 512KB :   54.640 MB/s
Random Write 512KB :   11.984 MB/s
   Random Read 4KB :   13.817 MB/s
  Random Write 4KB :    0.323 MB/s

         Test Size : 100 MB
              Date : 2008/12/18 4:48:49






メールはこちらへ...[後藤浩昭 / Hiroaki GOTO / GORRY / gorry@hauN.org]

「表紙へ戻る」
「会議室」 「最新版」 「なびろぐindex」 「GNSソースを読む」