Navigation Log - なびろぐ -
2009/05/31

...X680x0 spirit inside...

この日記はGNSで生成しています。
この日記の画像はOPTPiX webDesigner Ver.4で生成しています。

hauN
Go amazon.co.jp

■ご注文リストから■ [一覧]
■Amazonギフト券■ [購入]
コクヨ クリヤーブック 固定式 青 A4縦 40枚 ラ-B40B []
コクヨ クリヤーブッ...
Amazonほしい物リスト


2009/05/31 (日) 曇時々雨

初夏の水上ツアー2日め:矢木沢ダム (イベント)

_ 雨の中出発。15分くらいで矢木沢ダムに到着。放水ポイントはテントが立っているが状況不明なので上のダム駐車場まで上がる。すでに9割くらい埋まり。

_ さてどうするかと放水前の水路を眺めつつ考える間もなく、放水ポイントへのシャトルバスが出ていることが判明、なお下のダム湖沿いにも駐車ポイントはあるが、バスが使えるなら上のほうが楽だと思う。

_ とりあえずセンターでダムカードを受け取ってから、バスに乗車・・・5分ほどで放水ポイントへ。現在放水10分前、ざっと100人くらい?

_ 放水タイム。この緊急放水路が実運用されたことはまだないそうで、つまり年に1度の試験放流でしか水が流されないわけで・・・最初は放水路の泥をたっぷり含んだ真っ黒な水が出てくるわけだ(笑)。

_ しばらくすると泥はおさまり、白い水しぶきとともに水煙が立ち始める。最初はわずか毎秒4立方メートルの水量だが、数分ごとに徐々に水量が足されてゆく。

_ とりあえず、30分くらいで一段落したので、バスで今度は上に上がる。放水路を上から見たり、ゲートの動きを観察したり。放流はmaxの30立方メートルに。

_ そして1120過ぎ放水終了。あっという間にゲートは閉じ、元のコンクリのみの水路に戻る。次のバスで他メンバーと合流できるかなーと思ったら、もうバスは終わっていたり。さくさく準備してゆっくり道を下り、途中で坂を上がって来るのを無事見つけて合流完了。

_ 次の奈良俣ダムの放流に備えて、洞元茶屋で1200昼食。昨日のそばがうまかったので、ちと物足りないか。





メールはこちらへ...[後藤浩昭 / Hiroaki GOTO / GORRY / gorry@hauN.org]

「表紙へ戻る」
「会議室」 「最新版」 「なびろぐindex」 「GNSソースを読む」