* Android開発環境インストール記録 20120410 [#wfd89487]

Android開発環境インストール記録。

-------------------------------------
#contents
-------------------------------------

* インストール前準備 [#sc08c22e]

- 再起動して改めてフォルダ作成。ここではD:\devにしておく。
- D:\devのフォルダプロパティを設定。CygwinはこれをやっておかないとACLでハマることがある。cygwin側でACLを無効にする手もある。
:: [セキュリティ]タブの[詳細設定] | [所有者]タブで所有者が自分になっていることを確認
:: [アクセス許可]タブ | 自分にフルコントロール権限があることを確認

* Cygwinのインストール [#d9b8843e]

- http://www.cygwin.com/ から setup.exe をダウンロードして起動。
- root directory を D:\dev\cygwin にする。
- local package directory を D:\dev\download\cygwin にする。
- ダウンロード先サーバを適当な日本のサーバにする。
- パッケージはデフォルトでよいが、本格的にCygwinを使うなら「Devel」と「Interpreters」には有用なものが多いので入れておくとよい。
- インストール後、スタートメニューの[Cygwin]-[Cygwin Terminal]を起動。タイトルバーを右クリックして設定を行う。
-- [Text]ツリーの[Font]で、日本語フォントを指定。MSゴシックなど。
-- [Text]ツリーの[Locale/Charset]を指定。[C/SJIS]か[ja_JP/UTF-8]など。
-- [Window]ツリーの[Default size]でウィンドウサイズを指定。96x32など。

* 環境変数の設定 [#z4469db0]

- Windowsのシステムプロパティの環境変数設定を行う。

| ANDROID_HOME | %DEV_HOME%\android-sdk |
| ANDROID_NDK_HOME | %DEV_HOME%\android-ndk-r7c |
| ANT_HOME | %DEV_HOME%\apache-ant-1.8.3 |
| CYGWIN_HOME | %DEV_HOME%\cygwin |
| DEV_HOME | D:\dev |
| ECLIPSE_HOME | %DEV_HOME%\eclipse |
| JAVA_HOME | %DEV_HOME%\Java\jdk1.6.0_31 |

- 環境変数 TMP と TEMP に「半角スペースを含まないテンポラリフォルダ」を指定しておく。 C:\windows\temp など。
- 環境変数PATHの頭に以下を追加する。&br; %CYGWIN_HOME%\bin;%JAVA_HOME%\bin;%ANT_HOME%\bin;%ANDROID_HOME%\tools;%ANDROID_HOME%\platform-tools;%ANDROID_NDK_HOME%;%ECLIPSE_HOME%;
- 環境変数の設定を反映させるため、再起動する。

* 開発パッケージのインストール [#m3650838]

- 以下パッケージをインストールする。
:: Java | http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/ &br; jdk-6u31-windows-x64.exe &br; インストールフォルダとして D:\dev\Java\jdk1.6.0_31 と D:\dev\Java\jre6 を指定する。

:: Eclipse | http://www.eclipse.org/downloads/ &br; Eclipse IDE for Java Developers windows 64bit &br; D:\dev\eclipse へ展開する。

:: Android NDK | http://developer.android.com/sdk/ndk/ &br; android-ndk-r7c-windows.zip &br;D:\dev\android-ndk-r7cへ展開する。

:: Ant | http://ant.apache.org/ &br; apache-ant-1.8.3-bin.zip &br; D:\dev\apache-ant-1.8.3 へ展開する。

:: Android SDK | http://developer.android.com/sdk/ &br; installer_r18-windows.exe &br; インストールフォルダとして D:\dev\android-sdk を指定する。

- Android SDK Managerが起動するので、全部チェックONでダウンロードする。
-- 古いSDKはビルドしないなら不要だが、1.6くらいまでは結局わりと必要。
-- Extraも忘れず全部チェックする。
-- 機種別のSDKは必要に応じて選択する。スキップしてもよい。

* Eclipseの設定 [#oceb2965]

- D:\dev\eclipse\eclipse.exeを起動する。
-- ワークスペースの指定を行う必要がある。ここでは D:\dev\indigo\home を指定しておく。
- メインメニューから[Help]-[Install New Software]でダイアログを開く。
-- [Work with]に https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ を入力する。
-- Android用ツール一式が表示されるので、全て導入する。
-- Eclipseの再起動を要求されるので、従う。
- 「Welcome to Android Development」というダイアログでAndroid SDKの位置を問われる。
-- [Use existing SDKs]を選び、 D:\dev\android-sdk を指定する。
- メインメニューから[Window]を選び、[Android SDK Manager]などが増えていることを確認する。
- Eclipseを終了する。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS