Navigation Log - なびろぐ -
1999/08/25

...X680x0 spirit inside...

この日記はGNSで生成しています。
この日記の画像はOPTPiX webDesigner Ver.4で生成しています。

hauN
Go amazon.co.jp

■ご注文リストから■ [一覧]
■Amazonギフト券■ [購入]
長い道 (アクションコミックス) []
長い道 (アクション...
Amazonほしい物リスト


1999/08/25 (水)

ひる〜

_ ふにふに。

_ D-GPSは、ウチのナビがFMチューナーを1つしか積んでないために「D-GPSとVICSはどちらかしか受信できない」ので、VICSを捨てない限り試せないっす*1

*5: 何か知らんが、最近VICSがちゃんと動いてないんだよな・・・FMアンテナの配線が外れたか?

_ GPSの演算方法

  1. 現在時刻を知る。
  2. 時刻から衛星の位置を割り出す。
  3. 1つめの衛星Aから電波を受信する。
  4. 2つめの衛星Bから電波を受信する。
  5. 1つめと2つめの電波の位相差(A-B)から、2つの衛星との距離の差d1を割り出す。
  6. 3つめの衛星Cから電波を受信する。
  7. 同様に距離の差を割り出し、B-C・C-Aからd2・d3が得られる。
  8. d1の集合をA-Bの位置に沿って配置すると曲面s1が求められる。同様に求めると、s1〜s3の接する部分は1本の弓形の曲線l1になる。この曲線l1と地表球面との交点が、地表での位置となる。
  9. 4つめの衛星Dから電波を受信する。
  10. 合計4本求められるl1〜l4の交点が、完全な3次元位置となる。

・・・でよかったはず。A・B・Cが近いとl1の誤差が大きくなって求められず、また直線上に近い位置にあったりすると曲線座標がはるか彼方になって求められない・・・と。で、位相差を計るためであれば単純にカウンタパルスだけでいいんだけど、1.のためにタイムサーバが必要で、それで時刻を流しているわけだ。

_ 作りながら呑む人。

_ 昼飯はFMでミックス弁当。

_ 最近読み違いが多い・・・でも大きくて困るのはホント。あと、"Gorry"でなく"GORRY"がわし公認表記・・・"gorry"は黙認。

_ 自社の上の人から連絡。ようやく決まったらしい。

_ すべてのアンテナは、オーナーの読みたいモノのセレクションだと思います。というか、「ちょっと頭のいいリンク集」・・・でしょう。

_ なつみかんのソースを読む。あれ、これって1エントリ毎に毎回キャッシュファイル開いてサーチしてる(cache_search())ように見える・・・かなり不経済な気がする。

_ 元のMICANも読む。こっちは、そこまではいかないにしても1エントリ毎に全リモートファイルエントリからgrepしてるのか・・・これだと検索数が「エントリ数×リモートファイル数」になって大変だと思う。

_ WDBは朝日奈に倣って「あらかじめリモートファイルを全部parseして、URIか何かの文字列をキーにした連想配列に束ねてしまう」方法。あるURIに対して情報が2つ以上存在する必要はないので、先に1つに束ねてしまうわけだ。検索がperlの連想配列アクセスだけで済むから、かなり経済的なはず。*2

*6: MICANだと、set_info()で$fileをキーの一部にしないで、ここで新旧判定して新しいほうだけ$data_refに格納するようにすればもっと速くなる・・・というか、data_analyze()が必要なくなると思う・・・。

_ おお、やっとKCOM川崎APが増強らしい。ちっとは改善されるか?

_ PSは某ごにょごにょな話によりムービーファイルを外周付近に置くのは一般的です。

_ ハイビジョンさくら目指して(←事実誤認*3HR-W5オーナー誕生。でも、MUSE-NTSCデコーダを買ったということは、ハイビジョンTVを持ってらっしゃらないということですよね・・・HR-W5持っててハイビジョンTV持ってないというのはもったいない話だと思うのですが・・・同じく14万あればAVACでHV-28Z2あたりが買えると思いますが^^;。・・・あーでも28inch以上は個人的に非常に嫌いなのか・・・。

*7: 9月からの・・・ってことはハイビジョンでなくてBS2のはず。そもそも、ハイビジョンさくらの再放送の話はまだ聞かない。


[URL] [View Log()] [Trackback]
Name: Comment:



メールはこちらへ...[後藤浩昭 / Hiroaki GOTO / GORRY / gorry@hauN.org]

「表紙へ戻る」
「会議室」 「最新版」 「なびろぐindex」 「GNSソースを読む」